本文へスキップ

唐丹の子ども達の成長を見守ります。

電話でのお問い合わせはTEL.(+81)019-697-3851

〒028-3608 岩手県紫波郡矢巾町西徳田7-7


唐丹の子ども達の成長を見守ります。
Education Exchange Community & 唐丹希望基金2020

EEC唐丹希望基金2020のホームページへようこそ。

私はEEC主宰、高舘千枝子と申します。
東日本大震災は、人の生き方を問い続けています。真の生き方を。
1.あなたは、目の前の惨事を心から悼み、共存社会を創る一員になれますか?
2.あなたは、社会の一員としてどんな行動がとれますか?
3.あなたは、主体的な人生の創造のため、他者に対しどのような行動がとれますか?
  私は、あの時から、一生問い続けることを誓いました。

「真実を生きるただの人になりたい。」
これは、私の人生の指針であり、「道しるべ」です。

唐丹希望基金では、最後の希望としてピアノを寄贈する活動をはじめます。どうか皆さまお力をお貸しください!
唐丹小中学校へピアノ寄贈のお願い 日本語版 

Fund-Raising Campaign to Donate a Grand Piano   English version
to Earthquake and Tsunami Hit Schools in Toni

今月の募金とともに届いたメッセージです
サック キャロルさんから (USA・ミネソタ州)
2011―2013の12月13日に行った「唐丹サンタルチア祭」が私の人生の宝物になりました。これから、ピアノを通して「音楽の愛の力」が唐丹の学生たちに届きますように祈ります。

news新着情報

お知らせ

2020年も変わらずのご支援よろしくお願い致します。

唐丹中学校PTA会長から「唐丹希望基金に感謝する会」の開催してくださるというご案内を頂戴しました。皆様の参加をお待ちしてます。
「感謝の会ご案内」


<ご報告>
12月11日 グランドピアノ設置のため唐丹小・中学校訪問
皆様の募金によって購入した「グランドピアノ設置」のため、株式会社東山堂楽器店 白土 泉さん、東山堂釜石支店 水上幸子さん(唐丹町在住)、ピアノ調律師さん、私の4人で訪問しました。昼休みの15分の中で、真心こもった「ミニセレモニー」を開いて頂き、ピアノを学校に引き渡す事ができました。初めに、唐丹中学校 菊池正道校長から、ピアノが学校に贈られる事になったいきさつなどが話され、その後、唐丹希望基金を代表して高舘千枝子が募金してくださった方たちの思いを伝えました。小学校児童会長と中学校生徒会長の感謝の言葉を聞いたとき、グッと胸に迫るものがありました。ピアノを届けた安ど感、一つ一つの事が終わっていく寂しさ、9年間見守り続けた子供たちの成長や逞しさ…複雑な思いが心に浮かんでは沈み…を繰り返しながら家路につきました。短い15分のセレモニーがこのような気持ちにさせてくれるとは考えてもいない心の変化でした。唐丹小・中学校の皆さん、ありがとうございました。日本国内はもちろん海外からも募金が届き、1ヶ月も早くピアノ募金を閉じられた事、深く感謝申し上げます。唐丹小・中学校からもお礼状が届きました。正式なピアノ贈呈は、2020年3月14日唐丹中学校卒業式後に行われる父母主催「唐丹希望基金感謝の集い」で行います。ピアノ設置の様子が「釜石復興新聞」の記事になりました。ギャラリーもご覧ください。https://en-trance.jp/news/kamaishishinbun/22402.html

今後の募金は2020年3月末まで教育支援の募金を継続して行いますので、今後も何卒ご協力をお願いします。

唐丹希望基金記念 
瓢箪のランプシェードを頒布します!
詳しくはこちらへ

〜花で繋がろう〜
アリュウムギガンジュウム球根運動についてはこちら!

全国から届く、来春の「花便り」が楽しみです。これから、少しずつ寒さが増し、雪が積もり、畑も深い雪に覆われます。寒さの中でも球根は栄養を蓄え、立派な花を咲かせて心を豊かにしてくれます。来年も皆様に愛される花でありますよう、大輪の花を咲かせます。
花言葉:「深い悲しみ」「正しい主張」
唐丹基金のシンボルフラワーです。


「世界の旅人堀さんのエスペラント気ままエッセー9」を出版しました。

ギャラリーへ
活動報告です。
鎮魂の歌
12月14日現在 参加者24,400名

歌声コスモスの最後の鎮魂の歌となりました。25名のお客様、演奏者10名の35名で合唱しました。嶋沢純子(京都アンサンブルコスモス)


ご登録ありがとうございました

「唐丹希望基金感謝の集い」に50名以上の参加が見込まれます。(12月現在で42名参加)唐丹希望基金のステージで、9年間の活動中に歌い続けて来た歌3曲を歌います。参加される方は、楽譜をコピーしてご持参ください。
たくさんのご参加お待ちしています。

1「唐丹の海から世界へ」 堀泰雄作詞  山田哲夫作曲
2I,YOU,WE     キャロル・サック作詞・作曲
3「鎮魂の歌」
     千葉隆男作詞 太田代政男作曲 柴田公平編曲

楽譜の編曲バージョンがUPされています。是非ご覧ください。

鎮魂の歌オーケストラバージョン 参加者50,000人を目指して!
鎮魂の歌を歌いつなぎ、10,000人達成致しました。ありがとうございました。201610月までの皆さまの活動の状況をご報告いたします。そして、これからの活動は、オーケストラバージョンとして新しく生まれ変わった鎮魂の歌を皆様と共に50,000人を目指して歌いつなぎたいと思っております。これからもよろしくお願い致します!

2012年〜20197月末までの登録者述べ22,381人の氏名と全楽譜・YOUTUBEの記録 「鎮魂の歌」記録

ハソウプロジェクト

坂口通信
ハソウは「プレヤーホルン」となって子供たちの未来を祝福します。プレヤーホルンの想いをご覧ください。

ハソウ購入希望の方

EEC通信
114号 お待たせしました。
募金者
12月31日現在 支援者数516名 募金総額:8,100,390円     3月まで何卒よろしくお願い申し上げます
ピアノ寄贈への道
米田佐代子の「森のやまんば日記」https://yonedasayoko.wordpress.com/2019/06/

information

EEC唐丹希望基金2020

〒028-3608
岩手県紫波郡矢巾町西徳田7-7
TEL.(+81)019-697-3851
FAX.(+81)019-697-3851
mail. tchieko@cocoa.ocn.ne.jp


アクセスカウンタ


Requiem: Chinkon no Uta  Pilgrimage  - Upcoming Visit to Minnesota(November 9 - 16)
「鎮魂の歌 巡礼の旅」ミネソタ訪問(訪問:119日〜16日)

English

鎮魂の歌2020

 唐丹希望基金を支える人々
 高舘千枝子〜想い〜
 ほりやすおの世界
 ハソウプロジェクト 
坂口憲一郎

iy
oiyo