本文へスキップ

唐丹の子ども達の成長を見守ります。

電話でのお問い合わせはTEL.(+81)019-697-3851

〒028-3608 岩手県紫波郡矢巾町西徳田7-7


唐丹の子ども達の成長を見守ります。
Education Exchange Community & 唐丹希望基金2020

EEC唐丹希望基金2020のホームページへようこそ。

私はEEC主宰、高舘千枝子と申します。EECは岩手と北欧との文化交流を20年ほど行ってきました。
この度の東日本大震災で裸一貫となった多くの人たちの力になりたいと「東日本大震災教育支援募金」プロジェクトを立ち上げました。そして、被災者の顔が見える支援をしたく、釜石市唐丹町(とうにちょう)という小さな漁村集落を支援する事に致しました。今では、小学校、中学校の子ども達を中心に2020年まで支援活動をしていこうと目標をたてています。一人でも多くの支援者を必要としています。このホームページをきっかけにさらに出会いが広くなればいいと期待しています。

news新着情報

お知らせ

◆新着情報
2018年の活動が決定いたしました。

  

3月に唐丹中学校から生徒が撮った被災地の写真データーを提供いただきました。それは、毎年、文化祭で写真展として展示しているものです。唐丹基金では、ご提供頂いた60枚の写真データーを12月までの予定で、できるだけ多く公開して皆様に見ていただきます。写真に添えられた唐丹の子供たちの想いを、感じていただきたいと思います。ご覧になった感想を事務局に送っていただければ、子どもたちの励みにもなる事と思います。寄せられたメッセージをEEC通信に掲載し、想いを共有したいと考えています。皆様の感想をお待ちしてます。

唐丹小学校の校歌紹介DVD巡回!
唐丹小学校から被災地の校歌紹介のテレビ番組で放映されたDVDが届きました。現在、唐丹希望基金役員間を巡回中です。映像時間は短いのですが、子どもたちが歌う唐丹小学校の校歌とともに、新しい校舎の様子や唐丹湾を中心にした、周りの景色も知ることができます。
鑑賞希望者は事務局 高舘まで申し込みをお願いします。



堀さんの「福島を詠む」が朝日新聞群馬版に掲載されました。
福島は津波被害の上に原発被害で、被害の様相は全く違いますし、そのため復興も緒にもついていない状態です。これを何とか世界の人に知ってもらいたい、というのが願いです。(堀談)

ギャラリーへ
今月の掲載は少々遅れます。ご了承ください。
未来への教科書
子ども達の写真展をご覧ください
巡礼の旅2018
2018年巡礼の旅いよいよ出発します!旅先で皆様にお会いできます事を楽しみに出発します! まずは、7月23日に岡山へ伺います。岡山シンフォニーホールでハソウの演奏とともに鎮魂の歌を歌う集いを致します。参加してくださる方は7月15日高舘までお知らせください。よろしくお願い致します。募 集「鎮魂の歌」岡山演奏会に唐丹町子供代表で参加する上野雅幸君に贈るメッセージを募集します。。上野君のハソウへの思いにエールをお待ちしています。詳しくはこちらから
鎮魂の歌
6月30日現在 参加者16,042名  ご登録ありがとうございました  登録詳細については、EEC通信をご覧ください。          楽譜の編曲バージョンがUPされています。是非ご覧ください。
ハソウプロジェクト

坂口憲一郎氏のページです。  坂口通信
ミニハソウも在庫が7個となりました。詳しくはこちらへ

坂口氏のもうひとつの活動です。
「捕虜たちの声に耳傾けて」
― 寄せられたの数々 ―

EEC通信
96号新着 6月もたくさんの声がつまっています。
募金者
6月30日現在 支援者数121名 募金総額:802,517円         今月もありがとうございました。

information

EEC唐丹希望基金2020

〒028-3608
岩手県紫波郡矢巾町西徳田7-7
TEL.(+81)019-697-3851
FAX.(+81)019-697-3851
mail. tchieko@cocoa.ocn.ne.jp


アクセスカウンタ


Requiem: Chinkon no Uta  Pilgrimage  - Upcoming Visit to Minnesota(November 9 - 16)
「鎮魂の歌 巡礼の旅」ミネソタ訪問(訪問:119日〜16日)

English

鎮魂の歌2018

 唐丹希望基金を支える人々
new!
 高舘千枝子〜想い〜
 ほりやすおの世界
 ハソウプロジェクト 
坂口憲一郎
iyoiyo