活 動 報 告
未来への教科書

















唐丹中学校から世界へ。そして、未来へ。伝えたい事、共有したい想いがある。

2011年3月11日の東日本大震災後、被災地や近郊支援地において、復興の過程で発見した日本人のすばらしさや底力を象徴するような素晴らしい物語が生まれています。 子どもたちは、震災に遭遇した中で様々なことを感じ、考え、行動しています。本写真展は、子どもたち自身がカメラ手に取り、写真を通じて発信する機会を作ることにより、彼ら自身が「明日に向かって歩む」後押しになる事を目指しています。 はやく町を復興させるために、毎日頑張ってくれる人がいるのに、なんで、それを全国に伝えてくれないのだろか、そう思っていた時、ふと思いついたことがありました。
「自分たちが復興の様子を全国に伝えればいいのではないか?」 何もなくなった町の様子、現在の町の様子、この2つを知っているのは私たちだけです。復興のために働いてくれている人、町を元気づけるために手を貸してくれる人、この人たちの存在の大きさは、私たちが一番理解しているはずです。

その事を「自分たちの力」で釜石を想ってくれている人たちに伝えたい
私たちは本気でそう思っています。

今月の写真
5月20日  今年は特別な運動会!

震災後、初めての校庭での運動会でした。

19日の予定が雨天のため、20日になりましたが、すがすがしい海風と好天が運動会を祝福しました。今年は、3月に卒業した4人の卒業生と会い、言葉を交わしました。
「運動会で高舘さんと会えるかもしれないと思って来ました。」の言葉はとてもうれしく、高校デビューしたばかりの彼らに、「唐丹希望基金特派員」になって、「唐丹の今」を伝えてくれることを期待せずにはおられませんでした。唐丹小学校・中学校の新たなスタートとして、地域の方たちも早朝から大漁旗を天高く掲げて、開会式を迎えました。

     
     
 
     
     
     
     
     
     
     
     
     



募金とともに送ってくださった写真です。ありがとうございます。


今年は花の季節も早く終わりました。気温の変化も激しいですね。先週1週間みなとみらいのギャラレイでエスペラントの展示会があり、多くの人が立ち寄りました。4月のパステル画教室で描きました花筏の絵をお送りします。見ていただければうれしいです。
相田彌生(神奈川県逗子市)


★ギガンジュウムだより

  5月1日
青空に向かって大きく成長したギガンチュウムは蕾が新緑の爽やかな風に揺れています
深見壽賀子さん
 
 

513

ギガンジウム、もうじき花がひらきます。

5月21日
日に日に、花の球体が成長していくのを
楽しんでいます。


伊藤富美子さん(群馬県高崎市)

 

 

5月15日
ギガンチュウムが咲きましたので報告します。

どんな花が咲くのか大変興味深く開花を
待っていましたが、初めて花を観て驚き、

そのユニークさと色の美しさに感動しました。
お裾分けした知人からも好評でした。

森田操三さん(愛知県春日井市)
 
 5月3日
プランターで育てたギガンチュウムです。

プランターで育てる場合、蕾が出た頃、肥料を与えないと花が咲きません。根元に追肥して蕾を育てて花を咲かせました。
吉川良子さん(神奈川県川崎市)

   5月18日

ギガンジュームが咲きました。

狭い庭なので、少し窮屈ですが、いつの間にやら緑の若葉の中に、彩を添えてくれました。

坂口 憲一郎さん(岡山市)
 
5月21日
いただいたギガンジウムが,いま我が家で満開です. ネットなどで見るとまっすぐ上に花茎が伸びているのですが,我が家でば日当たりが偏っているせいか,裏庭のもの(1枚目の写真)も,玄関先(2枚目)も,東側に大きく花茎が傾いています.(^_^;
林 周行さん(大阪府枚方市)
 

 

5月31日

2年ほど前に、ギガンチュウムの球根を段ボール箱にどっさり入れてお送りしたところ、富士宮市内の知人宅へ車で届けて下さいました。

今年も、富士宮市内の至る所で咲いているとの事。

ご自宅に咲いた大輪の花の写真が届きました。

塩川三知子さん(静岡県富士宮市)
 
 5月11日

東京支部からご報告ですが、

今年も日暮里幼稚園のギガンジウムが咲きました!

先生は特に手入れをしていないそうですが、

大きな花を咲かせていましたのでご報告します。
中澤礼子

 
 

5月17日

北国育ちのギガンチュウムは、やっと、蕾が出揃いました。根元にはポピーがいっぱい増えています。

ギガンチュウムの紫、真っ赤なポピー、青い空のコントラストの美しさをお届け出来るのは来月になります。
今、ギガンチュウムの隣で咲いていた水仙は枯れ、ルピナスが咲き始めました。
秋になると、この場所には、真っ赤な彼岸花が咲き、寂しげな景色を華やかに彩ります。 
高舘千枝子

皆さま,たくさんのお写真ありがとうございました。