活 動 報 告
今月の写真

今月の唐丹小中学校の様子です!
進路を見つめる。

各学年の職場体験学習
10月3・4日(木・金)に、学年ごとに職場体験学習が実施されました。

1年生は、地元の『ひかりフーズ』で職場体験をしました。

2年生は、釜石市内の施設・動物病院・企業・商店などを訪れ、様々な体験をさせていただきました。

3年生は、市内で美容室を経営する宍戸さんから将来の可能性を広げていく方法について、ご講演とワークショップしていただきました。



入賞おめでとう!○第51回地区読書感想文コンクール

・最優秀賞 2年 太田眞櫻『将来への道』

・優良賞 1年 鈴木春花『星の旅人』 3年 雲南凌空『正しいことを貫く強さ』




唐丹小中学校合同文化祭

今年から、文化祭は唐丹小中学校合同で行う事になりました。小学生と中学生の発表を同時に見ることで、子供たちの成長過程をつぶさに見ることが出来ました。小学生44名、中学生32名全員が自分の力を100パーセント発揮できた文化祭でした。

皆さん、ありがとうございました!














◆震災当時の荒川区福祉協議会・会長(藤田氏)が「唐丹小中学校へグランドピアノを贈る実行委員会」の実行委員長となって様々企画してくださっています!


◆釜石唐丹小中学校に、グランドピアノを贈るチャリティコンサートが、1025日荒川区町屋のムーブホールでひらかれました。前夜から25日の午後 にかけて強い風雨が続き、開催も心配しましたが、190名の参加者があり、コンサートを楽しむとともに、唐丹小中学校にピアノをぜひ贈ろうととてももりあがったコンサートになりました。
コンサートでは、この間様々な被災地支援に協力していただいた、グリーンパークトリオと中村遼バンドが、素晴らしい演奏を繰り広げました。
この日の収益と会場で集まった募金は、ピアノ基金に寄贈されますが、20万円を軽く超えそうです。
参加された皆さんの思いは、すごいですね。藤田満幸

藤田満幸さんfacebookhttps://www.facebook.com/profile.php?id=100006680821932

藤田さん、ありがとうございました。

ただ「感謝」の一言です!!!



全国の多くの人たちが(海外からも…)、積極的に唐丹に関わって下さっています。
唐丹の子供たちに、「グランドピアノを贈ろう・・・・」と。

本当に感謝です。ありがとうございます。

毎日新聞「希望新聞」

支援の音 学舎へ響け」 

 ピアノ寄贈へ募金協力呼びかけ 取材:藤井朋子

https://mainichi.jp/articles/20191011/ddm/010/040/014000c

1011日毎日新聞掲載記事で「支援者続々!」
寄せられた声



◇山田 尊喜ちゃん医療支援 お便りが届きました

尊喜は、今5年生です。

夏休みに久しぶりに会いに家族みんなで行ってきました。

大きくなって、顔もだいぶ大人っぽくなり、とても、元気です。