活 動 報 告 本文へジャンプ
お知らせ


今月のお知らせ

4月5日、唐丹小学校を卒業した小野寺美菜ちゃんのお母さまからTELを頂戴しました。

震災で家を失いましたが、平田地区に建設された復興住宅から通学していたそうです。 2017年から学区内の大平中学校(おおだいらちゅうがっこう)に転校するとの報告を頂きました。 6年生になる弟も平田小学校へ転校するそうです。 その時お母さんは、唐丹基金の支援金で中学校入学の支度ができたこと、卒業式に私に転校の事を云おうと思っていたがタイミングが合わず、言いそびれた事・・・等を話していただきました。子供たちの父母と話したのは初めてでしたので とてもうれしく「基金のお金が役に立っている」と実感した瞬間でした。このような会話ができるまで6年もかかりました。 続けてきて良かった!と思えた瞬間でした。そして、大平中学校の入学式では、唐丹小学校から副校長が参列されたそうで、副校長は「小野寺美菜ちゃんの呼名の時の 返事が、一番はっきりしていて態度も立派でした!」とお聞きしました。副校長も誇らしげに話してくださり、私もとてもうれしくて・・・。
転校しても、唐丹の子どもだと。
そこで、転校生に対しての支援金について学校と確認し合って内容を改めて決めさせていただきました。
お母さまからのお手紙も頂きましたので掲載させていただきます。皆様への感謝の言葉が手紙一杯に溢れています。
イメージ

お母さまからの手紙